ショッピングカート ログインLOGIN ご利用案内 お問い合せ Contact お客様の声 サイトマップ
RSS
1枚1枚手作業でつくっている、やさしいマットたちです。

暑いです。暑いです。そして暑いです。

何日間猛暑日が続いているのかもよくわからなくなっております、山形県中山町。
暑すぎてか蝉の声すら聞こえません。
そんな暑い夏。節電。クウラア。いろいろいろと考えておりましたら、やはり日本のすばらしいゆか「畳」はすばらしいなと実感しているのであります。んだって想像してみてください。暑い夏ばあちゃんの実家に行ったときの事を。でっかい萱葺きの屋根の家は戸を開けて畳にごろりと寝るだけで天然のクウラアよろしく風が入り、畳はさらりとしていたじゃあありませんか。エナジー問題なんて誰かが無理やり作り出しているというのはまっことわかります。
その日本の畳を誠実に売っている畳屋さんのネットワークが「畳屋道場」です。
おとなり寒河江の鏡畳店さんが震災のその日も仙台から熊本に飛んでイグサ農家さんのとこに行っていて車が流されたりといろんなことを乗り越えてがんばっております。

同じ床のものということですばらしく感化されてきまくりなのですが、 現状として原料日本産100%のじゅうたんを作るというのは現実的ではありませんが、将来は作りたいものです。
化粧のベースメークを畳にたとえるとじゅうたん、ラグはくちべにやマスカラってとこでお好みで選らんでいただけるようなものを作って行きたいです。
↑いまいちな表現だす。うまいたとえを募集中です^^商品はなべ敷きで^^

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=9791&eid=91